お子さんをキッズモデルにする為に

何から始めればいいのか?

お子さんをキッズモデルにしたいと思った場合、まず適正の有無をチェックして下さい。いくら親御さん、またはお子さんがキッズモデルを目指していても全く適正が無いと時間と費用を無駄に使う可能性もあります。

モデルといえば容姿やスタイルを気にする方が多いですが、キッズモデルに関してはさほど気にする事はありません。
容姿が良いに越した事はありませんが、それよりも楽しそうに撮影に参加する。
またはポージングに応じてくれる事を重視しましょう。

衣類のキッズモデルに関しては身長が高いよりも平均的な子どもの方が有利です。
たくさんの大人に囲まれて仕事(撮影)をするので人見知りしない、ぐずらないお子さんがキッズモデル向いています。

プロはここをチェックしている!

実際にキッズモデル事務所のスタッフとして働いていた方へ、キッズモデルになる為に必要なスキルを聞いてみました。
プロとしては容姿よりも「人前で自然体になれる性格」、「個性的な性格」に着目しています。

撮影時に緊張しない事はとても重要ですが、キッズモデルはあくまでも自然な姿での撮影を好みます。
「子どもらしさ」を偽ったり媚びたりしている感じが前面に出るのはNGです。
普段から親御さんの顔色ばかり伺っているお子さんもプロから見るとすぐに分かります。

星の数ほどいるキッズモデルの中からキラリと光る個性を持っているとより良いです。よって必ずしも流行の顔立ちや目鼻立ちがくっきりしている必要は無く、表情で勝負する事も可能なのです。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c